しっかり清掃を行う

人工歯根

歯石などが溜まりやすい

インプラントとは、歯が完全に抜け落ちた状態でも元の状態に戻すことができる、画期的な治療方法だと言えるでしょう。当然、自分自身の歯ではありませんが、元の歯と何ら遜色のない見た目や機能を維持することができます。しかし、インプラントは手入れなどを怠ることで、嫌な匂いを発することがあります。実際、インプラント治療後に嫌な匂いが出てくるといった症状を体験した人は少なくないでしょう。インプラント治療後の臭い匂いを防ぐためには、どのようなことに注意するべきでしょうか。まず、インプラントの治療後に出てくる臭い匂いにはいくつかの原因があります。一つ目は、清掃の不良です。インプラントは歯茎にしっかり固定がされていますが、状態によってはインプラントと歯茎の間に隙間が生じることがあります。その隙間に歯石などが入り込んでしまうことで、嫌な匂いを発することがあります。歯石の臭い匂いは、誰でもすぐに気付くはずですので、しっかり清掃を行うことを意識しましょう。また、必要であれば隙間を塞いでもらうための再調整を行ってもらうべきでしょう。そして、二つ目は噛み合わせの問題があります。インプラントのサイズが合わない状態で使い続けてしまうことで、食べ物のカスが溜まりやすくなってしまいます。臭い匂いは、食べ物のカスから出ることもありますので、しっかり歯磨きにより対処するか、再度調整を行ってもらうことで対処しましょう。インプラントも自分の歯と同じように、しっかりクリーニングは行うべきです。

Copyright© 2017 いくつもの種類が登場したインプラント治療【特徴を解説】 All Rights Reserved.