歯根を埋め込むかどうか

歯

しっかり噛むことができる

永久歯が抜けると、その後に歯は生えてきません。そのままでも何とか生活はできますが、当然かむ力が弱くなりますし、抜けた部分に歯が動いてしまいます。そこで人工的な歯を入れることがあります。一般的には入れ歯を使いますが、こちらは歯と歯の間に挟み込むように使います。ブリッジと呼ばれる方法がよく使われますが、両隣の歯に金具をひっかける方法です。それに対してインプラントは、歯根を埋め込みます。他の歯に影響を与えず、下あごともアバットメントを通じてくっついているので、しっかり噛むことができます。入歯だとどうしても噛み切れないことがありますが、インプラントであれば、アバットメント等のいろいろな部分によってきちんと固定することができます。インプラントと言いますと、歯を埋め込む手術になります。一体型になっているのではなく、いろいろな部品があります。まずは歯肉の部分に埋め込む本体があります。そしてその本体に接続するアバットメントがあります。このアバットメントに人工歯を接続すると、見た目は本物の歯と変わりません。人工歯の部分は摩耗などによって交換が必要になりますが、それ以外の部分は長期的に使うことができます。入れ歯だと金具の摩耗なども早く、全体を好感しないといけませんが、インプラントは部分的な交換だけで長く利用することができます。金属部分は、アレルギーなどの反応の少ないチタン合金が使われることが多くなります。歯の本体は、セラミックなどが使われます。

Copyright© 2017 いくつもの種類が登場したインプラント治療【特徴を解説】 All Rights Reserved.